忍者ブログ
日常のひとひらを文章にして残す。今興味があることを書くブログ
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

書きますっ!かきますっ!
ひとひら感想いってみよぉー


どっ・・・どうじょよろしく
一幕って、序幕で語られなかった、主人公麦の基本設定がでてるお話

自己紹介なんて麦ちゃんにとっては地獄だろうなぁ
きっとクラス替えとか、自己紹介が嫌で憂鬱になってそう

そして初対面の男の子にヘッドバッド!!
初日からクラス中の注目の的に
これは麦ちゃんが恐れていたことの斜め上をいってますよ
おそらくこれがこのクラスの初笑だったはず。
この出来事は今後1年間このクラスで語り継がれるでしょう
いや、このクラスの出身者は、どこかで自己紹介をするたびに、麦ちゃんの頭突きを思い出すことでしょう
高校生活初日にこんな印象的なことされたらいやでも忘れられませんよ

自己紹介で麦ちゃんの心理はあまり描かれてないと思います。(佳代ちゃんの語りみたいな感じだからしゃぁないけど)
もったいないっ!順番が回ってくるまでのどきどきだとか、その辺が描かれてると、みてるこっちとしてはニヤニヤできるんですけどね (オイッ

このあたりはPVになってアニメサイトで公開されてるのでぜひぜひ観て下さいね


一人じゃ何も決められなった

この時点での麦の基本姿勢がこの辺でわかってきますね。
こっからどうなっていくかが、「ひとひら」のみどころ

hitohira001.JPGでも芸術高校に友達にくっついて入学するって、かなりの度胸。。。
だって、木工部なんていう部活がまかりとおってしまう学校ですよっっ!
きっと美術にある程度興味あったんでしょうね、きっと

自殺はだめだよー
皆がんばってるんだよーぽえーっとなってしまった麦ちゃんもかわいいなぁ◎

甲斐君の印象は、なんか、自然体で生きてるってかんじ。
初日に遅刻するし、2階から飛び降りるし、こうかくとハチャメチャな感じの男の子(少年漫画の主人公みたい)って感じだけど
じっさいなんか普通の子ってかんじ。キャラにそれほどインパクトがないというか。
むしろ、この回で、甲斐君を使って理咲さんのインパクトが強まったような。。。
でも、甲斐君は雰囲気から、いいこなんだなぁってのがにじみ出ています

しかし、野乃さんはミステリアスな感じですよね、ほんと


私・・・何部に入ったんだっけ・・・
麦ちゃんの症状が出ます
kayo001.JPG
その前のムーっとしてる佳代ちゃんがかわいい

失礼、話がそれました。
僕が思ってたより結構ひどいことになっちゃうんですね
この感情は、ちょおと追いきれないかも

麦てきには早くこの状況から脱したいと思ってる
だから、自分を勧誘にきた先輩たち自体を嫌だとおもってるわけではないと
注目を浴びるのがいやだということは、自分がどう思われているかが怖いんじゃないか
まわりの目がプレッシャーになるし、知らぬ間に自分自身で「ちゃんとやらなくてはいけない」みたいなプレッシャーをかけちゃってるんのかも
そんな状況に耐えられない、早く脱したい。

たぶんいつもなら、この災難がとおり過ぎるのを静かに待ったこかもしれない
それは、脱出するために自分から行動するのにも勇気がいるから。
でも今回は、とりあえず自分でなんとかしないと、この先輩達は永遠と居座りそうな雰囲気
とりあえず、いなくなってもらうの最優先事項で、入部届けでもなんでも書いてしまえといったかんじでしょうか

この行動って非常に理解に苦しむひともいると思います。
ぼくも、そこまでしないだろって少しは思います。


ちょっとだけ演劇の話します
人間が行動を起こす判断基準、価値基準なんて、ひとそれぞれじゃないですか
おおまかな価値なんてみんないっしょかもしれないけど、それでも、すごく小さなところでひとによって基準が違う
これから3年間やるかもしれない部活動を決めることと、いますごく恥ずかしい状況をだっすること
どちらを優先するかって、やっぱりひとそれぞれだから、それはおかしいことだと否定はできないんですよね

自分の役が、自分と違う価値判断をしたときこそ、役と自分が一体化できるいい機会なんですよ
自分と違う思考回路を自分のなかに作る
他人を理解するとはまたひとつ違う、他人になるという感覚は
演劇に取り付かれるひとつの要素ですね

劇を創るひとには、主観性と客観性どっちももってやらないといけないと思います
でも見るがわは、主観的にみてもらいたい。
客観的にしかみてもらえないってことは、はなしに引き込むことができてないから
劇って、主観的にみないと面白くないんですよ。
でも主観的だけだと、理解いえない登場人物とか行動がでてくるんです。
だから、ほんの少しの客観的にみれると、とっても楽しい時間をすごせるはずですよ


すみません話が相当とんでますね
戻しましょう
かくして麦ははからずも演劇研究会の一員となったのでしたぁ

最後に野乃さんの残したことば。
野乃さんは麦ちゃんが自分とだぶるところがあることに気づいてる
なおかつ、自分よりも大きく成長すると期待してるんでしょうか

このセリフは麦ちゃんへの言葉でもあり、僕たち観客に対してのメッセージなんだと思います


そして最後は、無理→失神。


ではここまで。
担任の先生がチャイナ服なのが気になった件は、不問ということでぇ









長げぇ!ひたすら長げぇよ!
そしてスピード遅せぇ!

一幕、一幕ボリュームがあって、かんそうが長い
でもね、まだはじめだからね、ね、

私の話で恐縮ですが、自分自己紹介のときかなり緊張します
ていうか、自分の名前を自分で言うことじたいなんか恥ずかしい。
順番がくるまでどきどきですよ。
自己紹介項目とか設定されてるから、まずそこでなんていうか悩む

そして最後に一言みたいなの、なんて言おうか悩む
無難にいこうか、それとも、オリジナリチーだそぉか。
笑はとっとはとったほうがいい?いやそんなキャラじゃないだろ

そんなこんなで順番が
一言目が上ずらないよう咳払い
「えー、amagasaです。はじめまして。埼玉から通ってます。
部活は演劇部でした(これ結構はずかしい)
趣味は本読んだり、音楽聞いたりすることです(無難!無難に逃げたな)
これから1年よろしくお願いします」

とまぁ無味乾燥もいいところ
しかも、よろしくお願いしますのとこは、お辞儀をしながら、もぉすでにすわりはじめてます
おせじにも好印象な自己紹介とはいえませんね

ところで、麦ちゃんは麻井だから、出席番号前のほうだよね?
なのにせきは中途半端なところなのは、なんで?


こっから下私怨です

麻井悪かったよ 巻き込んだ形に・・・

甲斐君は麦ちゃんのこときづかってくれるんですね。
いいやつだなぁ・・・・・・ん?
なんだこの違和感?

麻井悪かったよ

麻井?

あれたしか、階段でぶつかったときは「麻井さん」だったような・・・


こらぁぁぁ西田ぁぁっぁどぉゆぅこっっっっちゃゃゃぁぁぁぁぁぁ!!!

おんなじ部活にはいったからって、親密ランクupさせてんじゃねぇぇぇっぇ

まだ初日だろぉぉぉ!

(ハァ、ハァ、、、、、
シ、シツレシタヨ
ちょっと敏感に反応してしまいました

2幕では麻井さんにもどってるから、きっと理咲さんと格闘して、きが動転してたんだよね、そうだよね
甲斐君はいいやつだから応援してるよ。でもね、初日から勝手にランクupしちゃだめだよぉ。

kayo002.JPG








不服な佳代ちゃんでしたぁ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by 忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
おすすめ