忍者ブログ
日常のひとひらを文章にして残す。今興味があることを書くブログ
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第三幕にしてわれらが麻井麦の初舞台です

一言感想
 がんばれ!がんばれ!むぎちゃん!

本番を控えた麦ちゃんは立てこもり。
anime0308.jpg














このトイレットペーパーの使い方が使い慣れてるような・・・
キュートです

そんな麦ちゃんの立てこもりなど野乃さんにしてみれば、ひとえに風の前の塵に同じ。

しかし、演劇ぶって何かと、「さすが演劇部」って言われますよね

講堂前でチラシを配ります。

理咲「甲斐、客寄席になんかやれ」
鬼っ!鬼です。

そこへやってきた榊先輩御一行
てか、榊先輩コエー
anime0303.jpg












野乃「あのこの才能は本物よ」

てか、榊先輩チラシ捨てたよ!ほんとにひでぇやつじゃん。


anime0304.jpg












たかし君人形(呪いの要素あり)

一途なちとせちゃんなのでした

さて、最終リハです
anime0302.jpg
心配そうに見つめる
パパラッチ佳代










バミリといいます


そこにちとせちゃんがやってきて
ちとせ「声帯麻痺って本当ですか!?」
チャン、チャ、チャンチャチャチャ、チャン
MEやりすぎで吹きそうになったよぉ

必死なちとせちゃんもかぁいいなぁ


なんだかんだでほんばんです。
袖で、野乃さんと話してるときに舞台上の声がちゃんとかぶっててgood

anime0305.jpg














「そんな私にてをてを差し伸べてくれた人がいたの」
うん、うん、いいかんじですよぉ

「今をとめたくなかった」
劇とのシンクロもナイスです

いよいよ麦ちゃん登場です!
佳代&ちとせちゃん!声かけちゃだめ!マナー違反です!

ここの場面では、理咲さんが麦ちゃんをフォローしてくれてるのがよくわかりますね。
理咲さんはホントたよりになります。

anime0306.jpg














がんばれ!!麦ちゃん!!
やべぇかなり感情移入。MEのEDピアノバージョンがかなりいい味だしてます。



そして本番」終了後
理咲「このこがちゃんとセリフが言えただなんて、これは奇跡としかいいようがないわ」
いや、いいすぎだろ
桂木「たしかに」
フォローしろ!

ほっとして腰が抜ける麦ちゃんもらしいです。
anime0307.jpg














この写真が全てを物語ってますよね。


全体の感想
麦ちゃんの初舞台を描いた今回。ぼくは正直、かなり感情移入してしまいました。
原作とながれはほとんどかわりませんが、オリジナルエピソードがほとんどだったので新鮮ですね

原作では、麦の初舞台の様子をあえて描かず、後日、思い出す時系列のずらしで、初体験で、わけもわからずとおりすぎたが、なにか、心に残るものかんが表現されていた。
それもよかったが、アニメでは初舞台をしっかり描き、達成感を演出されている。
どちらも、「初舞台」を的確に表現されていると思うので、どちらがいいとはいえない。むしろ、原作とアニメ、2種類の麦ちゃんの初舞台を感じられた自分は、幸せなのかもしてない。

これは舞台上の表現について文句なんですか、登場人物一人一人にピンスポ(ライト)をずっと当ててるというのはありえないことです。だいち、ずっと当て続けるのなんて不可能ですよ。

劇=スポットライト
というイメージがあるためでしょうか?
しかし、アニメをみるひとが、劇をみなれてるわけでわないので、「劇」というものをイメージするために、あえてやっているのかもしれませんね。

今回のちとせちゃん
anime0301.jpg





















ほんとこの子は表情豊かです。
それでいて、しめるところはきちっとわかってる。
イイキャラです。

次回(ていうか、今日ですね)は勉強会です。
やっと榊先輩のかわいいところがみれるかなぁ

やばい、アニメ進むの速いっす。
このままだと、あと2週で、原作感想追い越されます

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
レビュー・評価:ひとひら/第3幕 「初舞台」
品質評価 28 / 萌え評価 20 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 6 / お色気評価 7 / 総合評価 11レビュー数 95 件 「演劇部」と「演劇研究会」の対立が深まる中、いよいよ 演劇研究会の初舞台の日を迎えた麦は、緊張のあまりトイレ に閉じこもってしまう。研究会のメンバーが駆けつけ 強制連行され、自信がもてないままゲネプロに挑むが、 台詞をうまく喋ることができない。そんな中、演劇部の 新人・神奈ちとせが飛び込んできて、野乃に関する衝撃的な 事実=「声帯麻痺」...
URL 2007/07/13(Fri)19:01:02
Powered by 忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
おすすめ